« ブログとは | Main | 携帯初投稿 »

February 14, 2007

シンクタンカー・エグゼンプション

 ホワイトカラー・エグゼンプション(WE)の法案が廃案になったとか。詳しくは知らんのですが、何でも年収400万円以上のホワイトカラーの残業代は支給しないという法案だったそうで、企業収益の向上に、イコール人件費削減に大きく貢献するとの狙いでつくられたようですが、日の目を見ない結果となりました。
 まあ、ちょっと賢い経営者ならば、従業員のモチベーションを下げるようなことはしないはずで、単純に残業代カットを喜ぶような会社には、もう将来はないと言ってもいいでしょう。
 ところで、シンクタンクの業務実態を省みれば、gayaはWEの導入には賛成です。だって、時間と成果が比例しないのは明らかだから。時間掛けた分を努力賞として評価してあげていいのは、新卒入社の1~2年間程度でしょう。あとは、会社に居ようが外に居ようが、在宅勤務しようがパチンコでサボっていようが、結果として仕事をこなし、クライアントに認められる成果物を出すことができれば、同一の評価をしていいと思うのです。これに業務獲得の営業成績を加味すれば、勤務実態なんてはっきり言ってどうでもいい。連絡さえつけばどこに居てもいいと思っています。
 ただ、それでは組織としての体を成さなくなるのは自明で、会社はワーカーズコレクティブ的なものに(発展的に?)消滅していくでしょう。組織としての付加価値を生み出すには、このような形では厳しくなるかと思います。
 で、話を戻すと、WE導入が大歓迎なのかというと、そうではありません。WEを導入するからには、それに代わる評価をしなければならない訳で、果たしてそれは可能なのでしょうか。gayaの会社では、評価がはっきりしていない、上司の好き嫌いが大きく影響しているんじゃないのか、みたいな不平不満はよく耳にしており、経営陣からは、いやそんなことはない、みんなの仕事振りはちゃんと見ているよと、通り一遍の答えが返ってくるという光景が繰り返されております。
 gaya個人的には、自分の仕事は誰も評価できる人はいないと思っております。上司といえどもgayaの仕事内容や進捗状況、顧客からの評価などは半分も把握できていないでしょう。むしろ管理されずに好き勝手に、じゃなくて自己管理を厳しくして(笑)仕事をしたいので、評価されないことは仕方がないとあきらめております。あ、いや、顧客の要望にはちゃんと応えますよ、それなりに。
 まあ、組織としての戦略やミッションがあれば、それに沿った評価制度をつくらなきゃならんでしょうし、当然社員や株主に対しての説明責任も発生するでしょうし、かと言ってみんなが納得できるような評価はできるはずもない。WE導入を発案するということは、そんなことを覚悟した上でのことなのでしょうね、経営者の皆さん。
 ところで、gayaは残業代が支給される会社とされない会社の両方を経験しております。されない会社では管理職だったのかというとそうではなく、果たして法的にどうだったのかは分かりませんが、少なくとも評価はかなり曖昧だったし、曖昧さ故にいろいろな問題が発生しておりました。
 そんなgayaの結論としては、従業員一人ひとりの業務内容をしっかり把握し、会社の戦略を的確に理解して、それを従業員に説明できて、公正に人事考課できるような、スーパー理想的な管理職がいない限り、現実的にWEは厳しいかなと思います。言うなれば、従業員ごとのマンツーマンの管理職が必要になるでしょう。そんな管理コストを掛けるならば、別のことに金を使ったほうが会社のためにも従業員のためにもなりますよね。え、何に使うのかって? それは、、、、人それぞれ考えが違うのでしょうねぇ。ここでも意見が分かれるんですよねぇ。ああ、組織とは難しくめんどくさいものですねぇ。え、結論になっていないって? ある程度一人前に仕事ができて、あきらめの境地を会得できれば、シンクタンカーはWEに賛成すると思いますよ、たぶん、ね。

|

« ブログとは | Main | 携帯初投稿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シンクタンカー・エグゼンプション:

» 恩師のお通夜 [『株式公開を実現するコンサルタントブログ』]
去る8日、突然の訃報がメールで届いた。大学時代の4年間お世話になった元立教大学社 [Read More]

Tracked on February 14, 2007 01:55 AM

» 旅行会社求人情報 [旅行会社求人情報のご案内]
旅行会社求人情報のご紹介です [Read More]

Tracked on February 14, 2007 01:29 PM

« ブログとは | Main | 携帯初投稿 »